読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さまようたましいは、まごまごしている。

考えすぎなうぇびんさんが文句ばかり言っているブログ

ティム・バートン風のサバイバルゲーム「Don't Starve」が理不尽すぎてハマれない

安寧なMinecraft生活から抜け出せなくなり、週末を2回ほど台無しにしたので、Vitaを封印した。

かといってこのまま無理にゲームをやめてもかえってよくない。そこで、「同じ傾向でハマりようがないゲーム」を探すことにした。

  • iOSサンドボックスゲーム
  • 2時間程度で区切りがつく
  • 難易度が高い
  • 明確な終わりがある
  • 物語とネタバレがある

iPhoneは商売道具なので、専用機と違ってずっとゲームをやり続けることができない。
なぜネタバレも必要なのかというと、敢えて先にネタバレを確認しておいて、早めに飽きるためである。

で、条件に合致したのが、ダーク系ゲーマーに人気の「Don't Starve」だった。

Klei Entertainment「Don't Starve: Pocket Edition」

時は20世紀初頭。科学者のウィルソンは謎の紳士の誘惑に騙され、膨大な知識と引き換えに不毛の異世界に放り出されてしまう。
ティム・バートンクトゥルフ神話が好きな人にはたまらない世界観である。

前からSteamで見かけて気にはなっていたのだが、予想以上にひどいゲームだった。
ひどい。これは本当にひどい。(褒め言葉)

まず、そもそも1プレイが2時間=15日くらいしか続かない。
あるときは飢え、あるときはモンスターに襲われ、あるときはハチに刺され、あるときは正気を失って悪夢に飲み込まれる。
遊んでいるだけで自分自身のSAN値もガリガリ削られる。ハマりようがない。

サンドボックスとしての完成度は高いので、この地で生きられるだけ生き延びてもいいし、テレポーターを見つけ出して脱出してもいいし、腕に自信があれば、黒幕である紳士「マクスウェル」を探してもいいらしい。
私はそんなレベルまで遊ぶ自信はないので、とっととマクスウェルの正体とエンディングをぐぐらせてもらった。

とりあえず脱出を目標にしてはいるが、5回やって未だに農業すら着手できないし、一時間もすればiPhoneが過熱して中断せざるを得なくなるしで、まあ自分にはちょうど良さげである。

終わりのない安寧なサンドボックスに危険を感じたときは、こんなとんがったゲームもいかがか。