読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さまようたましいは、まごまごしている。

考えすぎなうぇびんさんが文句ばかり言っているブログ

ユザワヤに行ったらクロバーの「匠」がなかった

ここ三年ほどやっていなかった編み物を再開している。
編み物は母からかぎ針と棒針を譲り受けて以来、30年来の趣味だ。講師を目指して本格的に勉強していたこともあるが、そもそも人に物を教えるスキルがないことに気付いたため、今は適当にやっている。

編み針が曲がってしまったので、栄の「ユザワヤ」という大手チェーンへ買いに行ったが、「匠」がなかった。

編み針といえばクロバーの「匠」だろおおおお(´Д` )

身頃によく使う番手は玉付き33cm2本針、裾に使う番手は、玉なし25cm5本針。
密度の高い竹で作られた針は、力のかかるアラン模様でも曲がりにくく、針先はささくれず、かつ糸をきれいにホールドする。

「匠」がない手芸店なんて!(´Д` )

竹針は、番手の刻印が彫り込み+焼印になっているのもポイントだ。刻印がかすれづらい。
ダイヤモンド毛糸の竹針も刻印が読みやすいのだが、最近はほとんど見かけない。

結局ユザワヤプライベートブランド推しで、品揃えも札幌の「カナリヤ」と比べてあまり良くなかったので何も買わずに帰った。

札幌のカナリヤは老舗だが、レイヤーが喜ぶ素材を充実させることで21世紀を逞しく生き残った。
入り口のショールームには恐ろしく完成度が高い初音ミクのコスプレフルセットが飾られている。コスプレだけでなく、手芸全般に至って品揃えが半端ない。
ああ、名古屋にああいうアツい店はないものか。

編み物はWebとの両立が難しい。
編み針を持ちながらパソコンは使えない。音楽を聴きながら心を無にして編んでいると、Webの勉強に使うべき時間がザクザク減っていく。

それでも、普段トレンドがコロコロ変わるWebと関わっていると、何十年経っても変わることがない趣味は実に楽しいのだ。