読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さまようたましいは、まごまごしている。

考えすぎなうぇびんさんが文句ばかり言っているブログ

ファミコン版Wizのファンが「ウィザードリィ」ではなく「エルミナージュ」をやり込んでいる件

げーむ ながばなし すてきなもの

ウィザードリィ」シリーズは、ファミコン版〜ゲームボーイ版にはまったベタな世代である。ゲームボーイの外伝についてはアイテムコンプ・三部作通しての転生を二回達成している。

久しぶりにコンシューマー機でWizを遊びたいと思い、2000年以降の作品を探してみると、ろくな作品が出てこない。「BUSIN」は名作と言われているが、それ以外については「これは私が遊びたい作品ではない」という匂いがプンプンしている。
タイトルを逢えて挙げないが、ドワーフをイケメンのおっさんにしたうえに、キャラクターが固定になっている作品を「ウィザードリィ」としてリリースした会社は呼び出して説教したい。

いろいろ調べた結果選んだのは、スターフィッシュの「エルミナージュ ゴシック」というゲームだった。
版権に影響がないシステムのみをフォークした、いわゆる「Wizクローン」のひとつで、本家よりもファンの評価が高い。

そういえば、Wizでは最後にハマった「ウィザードリィ エンパイア」は、スターフィッシュの作品だった。

エルミナージュ ゴシック 3D リミックス ~ウルム・ザキールと闇の儀式~

エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~

今のところ30時間くらいだが、これが驚くほど「よくできている」のだ。
「まんま昔のWizだから」ではなく、ファミコン版で「こうだったらいいのにな」と感じていた要素を、きれいにフォローしているのだった。

多くのファンが考える「こうだったらいいのにな」は、だいたい以下の通りである。

  • 世界観は暗くて微グロがいい
  • 顔グラなしを選択したい
  • ソフトリセットがほしい
  • 総攻撃がほしい
  • コマンドリピートがほしい
  • 高速移動がほしい
  • キャラメイキングのステータス振り直しはボタン一発で
  • ちょっとキツいくらいのバランスがいい
  • クリア後もがっつり遊びたい
  • 育てまくっても、作戦がまずいと死ぬようにしてほしい
  • 下級職でも最後まで育てるメリットが欲しい
  • 世界観を壊さない程度の新要素が欲しい

エルミナージュ ゴシック」は上記の「高速移動」以外をすべて満たしている。意外なことに本家シリーズでも、「ソフトリセット」「総攻撃」「コマンドリピート」をすべて搭載している作品は少ないらしい。女神転生シリーズがファミコン版から総攻撃に対応していたというのに。

「ゴシック」がリリースされてから評価が上がったのは、過去の「エルミナージュ」3部作の世界観が、BGMを含め、かなり軽かったからのようだ。私もなんとなく食指が動かない。

スターフィッシュの作品の欠点は、たまにありえないバグがあることだという。スーパーファミコン版のWiz6を発売日に買って初期ロットバグを引き、返品交換で一ヶ月プレイがお預けになった自分はあまり気にしてない(返品にも応じないらしいが…)。

エルミナージュ」シリーズがWizファンに愛される本当の理由は、さらに斜め上なところにある。

  • キャラグラフィック・BGMを自前のPNG画像に変えられる
  • すべての呪文の名称を変えられる

つまり「自己責任の範囲内であればWizardry、もしくは別のゲームを再現できる」のである。
RPGツクールかよ!と突っ込んでしまう。

実際、「エルミナージュ」で検索すると、キャラグラフィックがアニメキャラになっているスクリーンショットがザクザク出てくるwこんなWizは嫌だwww


ひとつ悟ったことがある。

Wizardryのファンは、「ウィザードリィ 遊びたい」わけではないのだ。
ウィザードリィ 遊びたい」のだ。

ウィザードリィ ルネサンス」プロジェクトは、その辺を大きく履き違えている。だから本家は微妙なのだ。

Wizardry Renaissance

最初にエルミナージュシリーズを立ち上げた、小宮山大介氏は、その辺がわかっていたのだろうか。

冒険者の皆様へ | Elminage ~闇の巫女と神々の指輪~

残念ながら小宮山氏が会社を辞めてしまっているそうなので、今後続編が出るかはわからないが、エルミナージュ4作品で数年は遊べそうなのは間違いのないところだ。