読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さまようたましいは、まごまごしている。

考えすぎなうぇびんさんが文句ばかり言っているブログ

糖質制限をしてヂェーンが太ってる理由がわかった

平日、自宅で糖質を控えるようになって一ヶ月ちょっと経った。
金曜夜から日曜昼までは好きなものを食べ、それ以外は米・麺・芋・砂糖を摂らないようにしている。少し前の記事の通り、朝昼はフルーツグラノーラを適正量か、ローソンのブランパンを食べる。

糖尿病患者やライザップな人たちのレベルではなく、あくまで「控えている」だけなので、ちっとも痩せない。
でも、食べたあとのだるさはなくなったし、おなかが少し凹んだようなので、悪くはないと思う。

なにより、毎日のごはんが楽しい。
元々、野菜も豆製品も好きで、甘すぎるもの、脂っこすぎるものが苦手なので、たっぷりの野菜とお肉さえ食べられれば幸せだ。時間があるときは、せっせと常備菜やタレを作る。
主食や芋類が食べられないのが辛いが、週末のラーメンとポテチが楽しみになった。

欠点は寝つきが悪くなったことだ。夏のせいもあるかもしれない。どうしても眠れないときは、とっておきの梅酒を少しだけ飲む。


20年くらい前のジャンプに「ジャングルの王者ターちゃん♡」という作品が載っていた。
野生生活を送る格闘家の活躍を描いた、ちょっとお下品なギャグ漫画である。アニメ化したときのターちゃんの声が岸谷五朗だったねえ。

ターちゃんの妻、ヂェーンはたいへんなインテリだが、メチャクチャ太っている。
動物保護をしているターちゃんに併せて菜食主義を貫いているが、まるで痩せない(一度だけ薬で痩せたことはある)。

ふとあの漫画のことを思い出し、もしかすると、ヂェーンが太ってるのには根拠があったのではないかと思いはじめた。

作中でよくヂェーンの生活が出てくるが、彼女の食事はたくさんの果物、ターちゃんが育てる芋類と野菜。たまに牛乳を飲む。
家事や農作業は夫任せで読書しかしてないので、明らかに高血糖と運動不足ではないか。
21世紀のダイエットから考えたら、皮下脂肪蓄積まっしぐらコースである。

まあ、太った嫁さんの尻に敷かれている描写自体がギャグなので、理論はどうでもいいことなのだが、作者はボディビルドにも明るい人なので、考えていた可能性もなくはない。


と、今夜もどうでもいいことを考えつつ夜が更けてゆく。自分は飽きっぽいので、糖質制限はいつまで続きますことやら。